公立編 中高一貫校に合格を実現する方法>読む、考える、書くを習慣にする方法

公立中高一貫校の受検をお考えなら、早めから「読む、考える、書く」習慣を身につける事をお勧めします。
個人差はありますが、入学を希望する学校の対策は、6年生からのスタートでも遅くはありません。

しかし、「読む、考える、書く」という習慣が身についている子どもが少ないというのが、今の教育の現状だと思います。それらは、ゆっくりと身につくものです。

例えば「書く力」なら、日ごろから文章を書き、慣れ親しむことによって徐々に蓄積されていきます。
ですから、理想的には小学校1年生から意識して始めるのがよいでしょう。始める時期が早いほど、無理なく自然にそれらの力が身につくからです。

これらの習慣は、日記をつける、知能パズルをする、読書の楽しさを知るなど、日常のいろいろな出来事や社会問題を家族で話し合ったり、そんな日頃の親子のふれあいから身についてきます。
ここで大切なのは、家族のふれあいと協力です。たくさんの体験、経験がとても重要になります。

公立編 中高一貫校に合格を実現する方法

トップページ
公立中高一貫校ってどんな学校?
公立中高一貫校が人気な訳
公立中高一貫校の選抜方法の適性検査とは?その内容は?
公立中高一貫校に合格されたお子さんの勉強方法は? 
ある中等教育学校の検査内容・パーソナルプレゼンテーション?それってなに?
公立中高一貫校の校風や雰囲気などについて
公立中高一貫校のメリットとデメリット
公立中高一貫校入試に必要なPISA型学力について
PISA型問題とは具体的にどんな内容か
公立中高一貫校の受検することは誰が決めたの?
公立中高一貫校の受検生家族の心構えについて
受検生は小6年生!子供の心をもっと知ろう!
読書家になってほしい!しかしうちの子読まないの・・・
「実社会で力強く生きていく力」が受検勉強
元公立中高一貫校の先生方に聞きました。どんな子がほしい?
公立中高一貫校の授業のスピードはやっぱり速いの?お友達はどんな感じ?
どんな子供が公立中高一貫校を受検するの?
復習が点数を上げる最大の勉強法
みなさんどんなお部屋で勉強しているの?
受験シーズンは冬!免疫力を高める食品
人格形成にとても役立つ中学受験の勉強・子供は必ず伸びます!
説明会に行き子供にあった志望校選びをしよう!
子供の学力・応用力を向上できる親はどんな親?
受験生の体調管理・ウイルスに負けない体つくり
学校から帰宅後の受検勉強がはかどらない!
子供の興味の幅を広げ好奇心を育てるには
子供の健康と能力を上げるのための理想の食生活
受検を考えている小3・4年生、何をしたらよい?
読解力の低下・日本の子どもは大丈夫か
読む、考える、書くを習慣にする方法
子供が中学受験で合格するには専業主婦でないと無理?
作文を書く練習を始める方へ
受検勉強も一休み!たまにはみんなで気分転換・遊ぼう
幼児期から受検をお考えの方へ・過ごし方
頭の良い子が育つ会話のある食卓
合格だけがすべてではありません!
本番まで残り2か月なのに模試の点数が下がる・不安
夫婦喧嘩は子供の前で見せてもよいか?
作文がすらすら書けるためには
小学3年生、中学受検します!今やっておいたほうが良いこと
公立中高一貫校受検にスポーツは必要か
自学の習慣は幼児期から始めると良い
子供にとって朝学習をすることのメリット
子供をやる気にさせる為の目標設定
幼児期に習い事をするときの選び方のポイント
幼児期から国語力アップ!させるには
中高一貫校の英語の授業で行うチャンツとは
受検する子供に新聞は必要ですか?
これからの中学受験の傾向
お手伝いと中高一貫校受検の関係

その他

リンク募集中